知っ得!バナナの豆知識

気温が低い時期の熟成方法

バナナは亜熱帯で栽培されている果物なので、気温が低く、寒い場所が苦手です。寒い場所に一定期間置かれると低温障害により、人間と同じようにカゼを引き、表皮が黒くなり、熟成が進まなくなってしまいます。寒い時期のご家庭でのバナナ保存は13℃を下回らないよう、なるべく暖かい場所で保存しましょう。

知っ得1バナナの表皮が青い・果肉が硬くて甘くない場合の熟成方法は?

バナナ通も実践する賢い熟成方法をご紹介します。
まず、バナナの袋を外し、新聞紙や厚手のタオル等で包み、さらに包んだバナナをビニール袋に入れてください。その後、温度が比較的高い、人が出入りするリビングなどで保存してください。

知っ得2気温が低い時期の保存方法は?

バナナ保存の最適温度は15~20℃です。13℃以下の低温に一定期間置きますと熟成が進まないので、甘くならず、渋みを感じる可能性があります。
保存の際は、13℃を下回らないよう、なるべく常温で保存してください。

知っ得3バナナのおすすめの食べ頃は?

少し青めのさっぱりしたバナナが好きな方や、甘いバナナが好きな方などそれぞれのお好みの状態があると思いますが、バナナブランドによって一番のおすすめの食べ頃が違うってご存知でしたか?
熟度を見極めて、食べ頃を逃がさず、キャッチしてくださいね。

  • facebook
  • twitter
  • facebook
  • twitter