暑い夏をバナナで乗り切ろう

バナナのぎっしりお得なマメ知識

気温が高い時期は、熱中症や夏バテに注意する必要がありますよね。だからといって冷たい食べ物や飲みすぎにも注意を。とくに体温を自分の意志でコントロールできない小さなお子様など、様々なアイデアで体温調整が必要です。そこで、今回は暑い夏を乗り切るための健康管理術を、管理栄養士で健康運動士の野間晶子さんにお聞きしました。

夏は季節の果物に加え、バナナも食べましょう

気温が高い時期も、バナナはみんなをサポートしますよ!

■管理栄養士で健康運動士の野間晶子さんにお聞きしました。

熱中症の予防には、気温や湿度に気を配り水分補給と軽装を心掛け、上手に汗をかくことが大切です。
また夏バテで体力が低下すると、より熱中症を起こしやすい状態にもつながるので注意する必要があります。

夏バテは、不規則で偏った食事によるビタミンやミネラルの不足も一因。 毎日バランス良く食べ、特に糖質の代謝に必要なビタミンB群や、汗で失われるカリウムなどをしっかりとることも大事です。

夏の新提案

そこでオススメなのがバナナ。汗をかくと身体からナトリウムとカリウムが失われます。カリウムが不足すると筋肉の働きが悪くなり、だるさや不整脈の要因に。バナナは果物の中でもカリウムの含有量が多く、ビタミンB群やC、マグネシウム、食物繊維なども含みます。消化も良く、夏の栄養補給には最適な食品です。

夏の代表的な果実で比較:カリウム