こだわりの品質と美味しさ

食味

豊かな自然環境を生かしながら、消費者ニーズを満たすおいしいバナナを育てていく。
私たちの食味に対する視点です。

まばゆいばかりに降り注ぐ太陽。豊かな土壌。自然に恵まれたフィリピンの地で、バナナはおいしく元気に育っていきます。これらの自然環境を生かしながら、私たちは甘さと食感、そして香りも良いバナナを追求。また、スミフル・フィリピンでは独自の育種研究所や育苗場を保有し、さまざまな研究開発を進めています。

太陽

イメージ:太陽

太陽光がすべてのバナナの葉に行き渡ることで、バナナはすくすくと育ちます。

高地

イメージ:高地

フィリピン・ミンダナオ島の最高峰、アポ山系の高地は、昼夜の寒暖差が大きく、食味の良いバナナを育てるための最適地です。

傾斜地

イメージ:傾斜地

傾斜地にある農園は、とても水はけが良く、余分な水分がたまりません。しかも火山灰質の土壌なので、バナナの根にほど良く水分が供給されます。

有機質肥料

イメージ:高地

土壌分析をした上で、土壌に合った有機質肥料を中心に施肥。雨で肥料が流されないように、穴を掘って肥料を与える工夫もしています。
※この他、化学肥料もあわせて施肥。

育種研究

イメージ:育種研究

さまざまな品種のあるバナナの中から、消費者の嗜好に合った品質が良く、病気に強い品種の研究を行っています。

組織培養

イメージ:組織培養

均質で味の良いバナナを、安定して必要な量を各国へ供給するために、優良株を試験管の中で培養します。

  • facebook
  • twitter
  • facebook
  • twitter