もっと長続きバナナ通の保存方法

美味しく長持ち!
バナナの保存方法

美味しくて栄養価が高いバナナは朝食やおやつに大人気!ですが保存方法が分からず、数日で黒くなってしまった……という方も多いかと思います。
そんなバナナを長持ちさせるための保存方法や、美味しく食べるコツをご紹介します。

バナナの最適な保存温度について

バナナは熱帯果物なので13℃以下の寒い場所は苦手で、最適保存温度は15~20℃です。
寒い場所では保管せず、人が出入りするリビングなどに置いてください。また置き方は、バナナを谷型に置くと接触面が多いので山型に置くのがいいでしょう。
またバナナは自らエチレンガス(追熟を促すガス)を発生させます。房に何本もバナナがついている状態では、となり合うバナナ同士で熟すのを早めてしまうので、バナナを房から1本1本切り離して保管するのがポイントです。

  • 13℃以下の寒い場所は苦手です。
  • 1本1本切り離して保管するのがおすすめです。

バナナスタンドを使った保存方法

果肉の柔らかいバナナは、テーブルなどに置いておくと接触した部分が黒ずみ、傷みやすくなってしまいます。それを防ぐバナナ保存アイテム、「バナナスタンド」と呼ばれるグッズがあること、をご存知ですか?房の根元を引っ掛けて吊るして、風通しの良い場所に常温で保存することにより、バナナを傷みにくくします。ご家庭にあるものを使って吊るしたい場合は代用品としてS字フックや紐で掛けておくのもおすすめです。

夏のバナナ保存方法

夏バテや熱中症対策の効果が期待出来る食品としても注目されているバナナは、気温が高い時期になると、茶色い星(シュガースポット)が出てくるのが通常よりも早いですよね。そんな時にぴったりの保存方法をご紹介いたします。シュガースポットが出てきたら、1本ずつビニール袋にいれて冷蔵庫の野菜室で保存!常温で保存するよりも若干、長持ちしますし、ひんやり冷たくておいしいですよ。
ただしシュガースポットが出る前のバナナは冷蔵庫に入れてしまうと甘くならなくなってしまいますので注意してください。

また冷凍バナナもおすすめです。シュガースポットが出たら、一口大に切って、重ならないようにタッパーや、保存用袋に並べて冷凍庫へ。凍らせたら、取り出して15分くらい置いておくとバナナアイスの出来上がり。アイスクリーム感覚でバナナを食べることが出来ます。
バナナは果物の中でもカリウムの含有量が多く、ビタミンB群やC、マグネシウム、食物繊維なども含みます。消化も良く、夏バテ対策にぴったりな食品です!!

茶色い星が出てきたバナナ

茶色い星が出てきたら…

タッパーに並べて冷凍庫へ

一口大にきって、重ならないように
タッパーに並べて冷凍庫へ※製氷機に一コづつ、並べてもOK

バナナアイスのできあがり♪

凍らせたら、取り出して常温で15分
くらいおいて出来上がり!

冬のバナナ保存方法

買ってきたバナナが食べごろじゃない、気温が低くてなかなかシュガースポットが出てこない時は、こちらの保存方法がおすすめ!まずバナナの袋を外し、新聞紙や厚手のタオルなどで包み、さらに包み込んだバナナをビニール袋に入れます。その後、比較的暖かい、人が出入りするリビングなどで保存してください。

  • バナナの保存方法1バナナを袋から出し、新聞紙やタオルなどで包み、
    ビニール袋に入れます。
  • バナナの保存方法2人が集まるリビングなどの暖かい
    部屋で保存します。

バナナのおすすめの食べ頃は?

バナナの種類により異なりますが、表皮にシュガースポットが出てきた状態が、より甘く美味しいおすすめの食べ頃です。
少し青めのすっきりとしたバナナが好きな方や、甘いバナナが好きな方などそれぞれのお好みの状態があると思いますが、熟度を見極めて、食べ頃を逃がさず、美味しく召し上がってくださいね。

さらに美味しく!
バナナの保存方法

皮を剥くだけで、手軽に食べられるバナナ。食べ頃であれば、すぐに召し上がれますが、さらに美味しく楽しむための食べ頃の見分け方や扱い方をご紹介いたします。

美味しくて健康的!
バナナの機能性

ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富で、低カロリーなのに腹もちの良いバナナ。毎日に摂りいれて、カラダが喜ぶ食生活を実践していきましょう。